長~く使える便利な授乳クッション

育児の必須アイテムの1つ!

授乳クッション。

正しく快適な姿勢で授乳をするためにも、

授乳クッションを使った授乳がおススメです。

 

快適な授乳姿勢とは?

授乳姿勢

授乳姿勢について、気にしたことはありますか?

実はとっても大切なことだったんです!

 

授乳している時の姿勢に気を付けるだけで、

ママは母乳のつまりを防ぎやすく、骨盤の歪みを悪化させないようになるし

赤ちゃんはゴクゴク飲みやすく、授乳しながら体のケアも出来ます。

 

この話は長くなりそうなので、

また別のブログに今度書きますね。

 

おススメは青葉の授乳クッション

授乳クッション比較

左:青葉の授乳クッション¥5800+税

右:赤ちゃん用品店で¥2000くらい

 

値段は3倍近くしますが、

使い道や便利さは、私には3倍以上の価値があります!!

 

ポイントその1

見た目の通り、厚みが違う!

 

低いクッションだとおっぱいの位置まで赤ちゃんのお口が届かず、

赤ちゃんの頭を持ち上げたり、自分の姿勢が前かがみになったり。

 

青葉のボリューミーな授乳クッションなら、そんな必要はないくらい

クッション1つで快適姿勢です。

 

💡低いクッションでも、ページ↑の写真のように

クッションの下にバスタオルなどで高さをだすといいですよ。

 

ポイントその2

ズレない!

 

授乳していて一番ストレスだったのが

せっかくちょうどいい位置、高さだったのに

だんだんとクッションがズレて赤ちゃんが下がってしまうこと。

 

その点、青葉の授乳クッションは

背中に面ファスナーがついているので快適です。

 

💡もしベルトがついていなクッションをお持ちなら、

面ファスナーやひも、リボンなどを縫い付けると良いかも。

ズレないってだけで、本当にラクです。

 

ポイントその3

授乳クッションでゲーム

姿勢を正す。

この使い方は私が今一番おススメの使い方。

 

新型コロナの流行で子どもたちもお家で過ごす時間が増え、

ゲーム大好きの息子のゲーム時間も増えてしまい。。。

 

何度か注意しても、だんだんと猫背になったり

首だけ前に出ていたりするのが気になっていて。

 

そこで、授乳クッションを装着!

お尻の下には私の快眠枕。

(私の枕をお尻に敷かれるのはいやだから、

次からあぐらクッションにしよう)

 

ゲームだけじゃなく、

スマホや読書をするときにも良いと思います。

 

しばらく悩んでいたのですが、

姿勢を気にして毎回注意して、というのも困るので

もう出産予定はないのに、

このためだけに、

授乳クッションを購入しました😁

 

今のところ私は買って満足です。

子どもたちもゲームをするときは

順番に授乳クッションを付けてくれています。

 

低い授乳クッションは

我が家のほぼ使わなかった授乳クッションは

縁の下の力持ちとして

個別レッスンやべびぃケアの時の

体操用SuGuNeの下で役立っています。

 

ご家庭にある、今持っている授乳クッションも

無駄にはしないで、工夫をすれば絶対に役立つと思います。

 

もし、これから授乳クッションの購入を考えている方は

お値段以上の青葉授乳クッションおススメですよ。

 

ニコベビーにも写真と同じ柄のクッションを販売しています。

サンプルもあるので、ぜひ試してみてくださいね☆